おすすめコミック

裏アカ破滅記念日

投稿日:2019年6月17日 更新日:

裏アカ破滅記念日イメージ画像

SNSの怖い一面を描いたショートストーリー集

あのー、SNSの裏アカって持ってます?←唐突w

僕自身、用途に応じて複数のアカウントを使い分けているんだけれど、
表では書けないことをこっそりと書く「裏アカ」は持たない派なので、みんな持ってるもんなのかなーと思って。

ただ、裏アカ文化があることは知っていて、
この漫画のタイトルに惹かれて興味を持ったのがキッカケで読んでみたんだけど、その率直な感想は、ツイッター怖ええ

ijmaki / Pixabay

スマホの普及とともに急成長を遂げてきたのがSNSで、
ある時は情報収集のツールとして、またある時は友人との繋がりのために役立つ便利なヤツ。

管理人も実際に、SNSを通じて新しい友人ができたり、
離れていた旧友と再会するきっかけになったりと使ってるので、その恩恵は受けてきている。

でも、そんな便利なSNSも使い方を間違えれば、
いともカンタンに人間関係を崩壊させてしまう。
・・・そんな怖~い一面にクローズアップした作品が裏アカ破滅記念日。

こんなこと現実で起こる?いや、ありえるかも…

「裏アカ破滅記念日」の物語は短い。
だけれども、それが丁度よいボリュームでサクサクと読み進めていくことができる。

時には、「いやいや、こんなこと現実で起こるかよ?」と思いつつも、
「いや、まてよ?日本中のどっかでは起こっててもおかしくないな……」と思えてくる絶妙なリアリティがストーリーに説得力を持たせている。

現実に照らし合わせて考えてみよう。
思い出してみてほしい。
昨今、バカッターと呼ばれる事件が起こっていることを…。

面白そうだから…
目立つから…
軽い気持ちで…

そうやって、なにげなくSNS上に投稿した写真や動画に端を発して炎上する案件も少なくない。
これらバカッターの行動を、いったい誰が事前に予測できたというのだろう?
常人にとっては想像のつかない言動だからこそ、ああやって炎上するのだ。

そう考えると、この作品に出てくるストーリーも、あながちマンガの中の出来事と片付けるのではなく、本当に起こりうることとして捉えていくほうが面白く読めると思う。

このマンガは、そんな時代に警鐘を鳴らす風刺作品だと言える。

電コミ学長
その中でも、裏アカ(裏アカウント)によるさまざまな破滅を描いている
コマミ
SNSで疲れちゃう人が多いのも頷けるわね
電コミ学長
これを反面教師にして、気をつけてSNSを使ってほしいというのが、この作品の本質的なテーマじゃないかな

他人の不幸は・・・◯の味?

この作品は「破滅」とタイトルにもあるように、人生を転げ落ちていく人たちの物語でできている。
つまり、このマンガ作品を通じて「他人の不幸」を垣間見ていることになる。

多くの人間は、どうしても他人と自分とを照らし合わせ、相対的に自分の幸せのバロメーターとしているような気がする。
管理人とて例外ではない。

そんなSNSで巻き起こる「闇」の部分を描く本作では、登場人物の人生が絶妙に絡み合って、それぞれの不幸が巻き起こる。
この作品を次から次へと読みたくなってしまうのは、そこに「蜜の味」があるからなのかもしれない。

そう、他人の不幸は蜜の味だ。

ただ、明日は我が身。
決して他人事と思わず、我が身にも起こり得ることとして読むのがオススメだ。

気軽に購入できる価格設定

そんな「裏アカ破滅記念日」は一冊108円で買える。
一冊と言っても紙の本はリリースされておらず、電子コミックのみの販売だ。

一冊ずつは気軽に読むのに丁度よいボリュームになっている。

こんな良作が破格値で購入できるのも電子コミックならでは。
まずは一巻だけでも読んでみてはいかがだろうか?
きっと、次の一冊も手に取りたくなるはずだ。

-おすすめコミック

Copyright© 電子コミックアカデミー | おすすめの電子書籍ストアを徹底比較! , 2021 All Rights Reserved.