コラム

アンケートで見る電子コミックの実態【2018年版】

投稿日:2019年5月4日 更新日:

この記事では、電子コミックの利用経験者を対象に実施した当サイト独自のアンケート結果を元に、電子コミックの利用状況をまとめていく。

  • みんなは、どんな端末で電子コミックを読んでいるの?
  • どのサイトで電子コミックを買っているの?
  • 電子コミックと紙のマンガ、どっちがいいんだろう?

このような疑問を抱いている方におすすめの記事となっているので、良かったら続きも読んでみて欲しい。

アンケート回答者の男女比と年代構成

電子コミックのアンケート結果の前にまず、今回のアンケート概要かr。
期間と開催場所はこの記事の全質問共通。

※アンケート実施期間:2018年6月18日~6月22日
※アンケート開催場所:Lancers
※回答者数:100名

続いて、このアンケートの男女比と年代別の構成比を掲載しておこう。
マンガは老若男女問わず広く市民権を得ているので、これらの前提条件が回答結果に与える影響は小さくないからだ。

2018年実施のアンケート男女比と年代構成比のグラフ

※グラフはクリックで拡大できます。

まずは男女比。
男性52%に対して女性が48%とほぼ半々。

理想は50:50だが、これであればほぼ同数なので男女どちらかに偏った意見にはなりにくいと判断できるだろう。

コマミ
男女、どちらの意見もほぼ公平になった感じね

次に年代の構成比。
グラフからも読み取れるように以下のような構成。

・10代:3%
・20代:24%
・30代:39%
・40代:29%
・50代:4%
・60代:1%

テーマが電子書籍だけあって、メインユーザー層となるであろう20代~40代で全体の92%を占める結果に。
ある意味テーマがテーマだけに、ほぼ想定通りの年代構成比となったのではないだろうか。

では、この男女比と年代比を踏まえて、次からのアンケート結果を見ていくことにしよう。

電子コミックを読んでいる端末シェア

先ほども言ったように、今回のアンケート対象者さんは全員「電子コミックを読んだことがある人」限定で実施。
次に気になるのは、みんながどんな端末を使ってマンガを読んでいるのか?ということにフォーカスしたい。

今回も対象者は100名だが、複数回答可能としたため総数は100よりも多くなって123回答。
その内訳を見ていくことにする。

2018年実施のアンケート閲覧デバイスの内訳グラフ

・PC(Windows+Mac):24%
・iPhone:29%
・スマホ:16%
・タブレット:21%
・iPad:8%
・その他:2%

個人的に興味があったのでiPhoneとその他のスマホを分け、iPadとその他のタブレットを分けて集計を取ってみた。
結果的にスマホ全体で全体の45%を占め、タブレット全体で29%という構成比になる。

この結果から分かることは、およそ半分の人がスマートフォンで電子コミックを読み、およそ3割の人がタブレットで読んでいるという事実。
複数回答可だったためいくつかの端末を使いながら読んでいる人も含まれるものの、全体の75%近くの人がスマホやタブレットといった携帯型のデバイスで電子コミックを読んでいるのが見て取れる。

コマミ
コマミもスマホでマンガを読んでるわ

あくまで仮説に過ぎないが、このあたりはスマホやタブレットの持つ携行性という側面は無関係ではないだろう。
この点については、別途「電子コミックのメリットとデメリット」のページでも深く掘り下げていく予定だ。

もうひとつ。
この質問で複数回答された方はPC+スマホという方が多かった。
これも、自宅ではPCの大きな画面で読み、外出先や寝室などでスマホで読むというスタイルが想像できる。

みんな、どこの電子書籍ストアを利用している?

管理人が個人的に一番興味があったのが、この質問。
僕の考える「どこのサイトで買うのがいいのか?」については別の記事で説明するとして、もうすでに電子コミックを読んでいる人がどんなサービスを利用しているのか?
純粋にそれが気になってた。

こちらも回答者数は100名だが、複数回答可だったため154票の回答が集まった。
その結果がこちら。

利用している電子書籍サービスのグラフ

アマゾンKindleが2位以下に大差をつけて圧倒的なトップ。
管理人も利用しているし、キンドルやアマゾンといったネームバリューの高さが如実に現れた結果だと思う。
ただ、グラフだけ見るとKindleの圧勝かに見えるが、ポイントは複数回答可能な質問だった点にある。

実は、全100名中43名の方が、2つ以上の電子書籍ストアを利用しているのだ。
これがどういうことか?
約半数弱の人がひとつのストアだけで電子書籍を読んでいるわけではなく、何かしらの理由に応じて複数のストアを使い分けていると読み取ることができる。

電コミ学長
つまり、Kindleは利用しているけれども、並行して他のサービスも利用しているということ

加えて、グラフの2位が「その他」になっているのが分かるだろうか?
これは、この選択肢の中にはないストアで電子コミックを購入して読んでいる人がそれだけ多いことを意味している。

中には3~4ストア以上で購入している人もいることから、電子コミックの世界は決して独占状態にあるわけではなく、いわゆる群雄割拠の状態で各サイトがしのぎを削っている状況になっていると推測できる。

いくつもの電子書籍ストアを利用した管理人のおすすめストアは別のページで紹介しているので、良かったら参考にしてみて欲しい。

今後、電子書籍と紙のマンガどちらを買う?

次の質問は、もう既に電子コミックを購入した経験のある人が、次回以降は紙のマンガか電子コミックのどちらを買うのか?について。

今後は電子?紙?のアンケート結果グラフ

・紙の本で買う:8%
・作品により買い分ける:64%
・電子で買う:27%
・その他:1%

この結果からわかるように、電子コミック購入経験のある人の91%が「電子で買う」または「作品によって買い分ける」と回答し、電子コミックを引き続き購入する意思があることになる。
ちなみに管理人は、作品によって電子と紙の本を買い分ける派なので、このアンケート結果で最も回答数の多かった層(64%)と同じ。

電子コミックをおすすめするサイトを運営している管理人も、すべてを電子化する必要はないと思っていて、好みによって使い分けるのが一番効果的という考え。

コマミ
最初はスマホでマンガなんて読めるの?って思ってたけど、意外と読めるのよね
電コミ学長
紙の本と電子書籍は上手に使い分けて読むと、よりマンガを楽しめそうだよね。
アンケートの回答にも「使い分け」に関する意見がたくさんあったので、それをテーマにした別記事で特集する予定だよ。

電子コミックに関する意見・感想

次に、電子コミックのメリットやデメリット、あるいはその他の意見や感想などを自由に回答してもらうアンケートの結果を抜粋しよう。

電子コミックのメリットとデメリット(簡易版)

電子コミックのメリット

  • 時間や場所を選ばず、いつでも購入できる
  • かさばらず保管スペースが不要
  • 長時間移動やスキマ時間に読める
  • 衛生的かつ劣化しない
  • セール等で紙の本より安く買える

電子コミックのデメリット

  • 購入したマンガを売却できない
  • データを失うリスクが怖い
  • ページを大量に飛ばす時に不便
  • スマホの電池残量が早く減る
  • 臨場感は紙の本に劣る

電子コミックに限らず、やはり何においてもメリットとデメリットは存在する。
メリットしかないのは疑ってかかるくらいが丁度いい。
それで、そのデメリットを受け入れることができなければ紙の本を買えばいいし、デメリットよりもメリットのほうが上回るのであれば電子書籍でマンガを読むスタイルに移行するのもいいと思う。

究極的にいえば、電子と紙をうまく使い分けてハイブリッド的にマンガを楽しむのが一番だと考えています。
このあたりのメリット・デメリットについては、それだけで一記事書けるくらいのボリュームになるので、別の記事で深く掘り下げたいと思います。

電コミ学長
デメリットだと思っていたことが、実はそれほどでもなかった・・・という経験談も交えながら解説します

電子コミックの将来への要望

電子コミックの購入経験者が、将来もっと電子コミックを楽しむために「こうなったらいいな」という希望を回答してくださいました。
それについて、管理人である電コミ学長の意見も交えながら紹介していきたいと思います。

40代 男性

昔の名作をもっと電子化してほしい

電コミ学長
同意ですね。

さまざまな事情によって電子化が難しい場合もあると思いますが、絶版になっている単行本も電子化することによって在庫リスクを抑えつつもニッチなニーズに応えられるのではないかと思います。

20代 男性

作者に入る印税を増やしてあげて欲しい。

消費者が中古を買わずに新品や電子書籍を購入するのは、他ならぬ作者への還元になるのだから。

電コミ学長
作者あってこそのマンガです。

適切な印税が入らなければクリエイターの情熱が損なわれるでしょうし、それは長い目で見た時にマンガ業界全体の衰退を意味すると思います。
その意味でも、漫画村のような海賊サイトは作者に還元されないので、良い作品が生まれにくくなる要因になるでしょう。

20代 女性

見開きページが閲覧できるような電子書籍リーダーを開発して欲しい

電コミ学長

端末を傾けて画面を横長にすれば、全画面で見開きページを読むことはできますが、迫力という点ではやはり紙の本には劣ります。

これを迫力ある見せ方ができるリーダーが開発されたら、電子コミックの未来は大きく変わるかもしれませんね。

10代 男性

価格がもっと安くなれば、もっといい

電コミ学長
今よりも紙と電子の価格差が大きくなって電子が安く買えるようになれば、これまで敬遠していたユーザー層も電子で購入するでしょうし、既に電子書籍で購入していた層はより多く買うような気がします。

30代 男性

音楽CDを買うとデジタルデータがダウンロードできるコードが付属するように、マンガも紙の本を買えばダウンロードできたらいいな

電コミ学長
これは面白いですね。

さまざまな権利関係があって難しいとは思いますが、「紙の本を自宅で保管しながら、外出先ではスマホで読みたい!」と思わせてくれる名作などであれば、とても嬉しいですよね。

30代 男性

今後は電子書籍ならではの「動き」が作品にもたらされると嬉しい。

30代 男性

某作家が言っていたが、「紙をそのままデータにしました」では電子書籍の意味が無い。
電子書籍ならではのサービスや面白さがあればな、とは思う。

電コミ学長
どちらも実現しそうな機能ですね。

たしかにマンガとアニメの「いいとこどり」したようなインタラクティブなメディアが登場すれば、新たな楽しみ方ができそうですよね。

その他、電子コミックに対する感想

最後に、電子コミック全般に関する感想を回答してくださっているので、それを紹介します。

20代 男性

4.7インチと紙の本よりも小さい画面だが、読むのに不都合は感じなかった

電コミ学長
管理人のスマホもiPhone8で4.7インチですが、たしかに普通に読む分には問題ないレベルですね。

ただ、老眼があるとタブレットのほうがストレスなく読めそうです。

30代 女性

試し読みなども多くあり、はじめての作品の場合、紙媒体での購入よりはチャレンジしやすいと思う。

電コミ学長
これこそ電子コミックならではのメリットでしょう。

最近では1巻まるごと無料で読める作品も増えてきているので、まずは1巻を自宅でじっくり読んでみて面白ければ続きを買う・・・そんな読み方ができます。
書店で周りに人がいるなかで読むのと、ひとりでじっくりと読むのではやはり違いますからね。

さて、ここまで幾つかの質問に対するアンケート結果を紹介してきました。
管理人の感想としては、一度電子書籍でマンガを読んだ方の多くが、当初考えていたよりもスマホやタブレットでマンガを読むことに抵抗がなく、次回以降も電子で購入したいと考えているということ。

今後、マンガ文化が紙から電子に移行していく重要な過程なのかもしれませんね。
いつかまた、折を見て同様のアンケートを実施して、今回の結果と照らし合わせたりできればいいなと思っています。

-コラム

Copyright© 電子コミックアカデミー | おすすめの電子書籍ストアを徹底比較! , 2021 All Rights Reserved.